21年M&A助言、ゴールドマン15年ぶり首位 米系が独占: 日本経済新聞

2021年の日本企業のM&A(合併・買収)助言業務で、ゴールドマン・サックス証券が2006年以来、15年ぶりに首位に返り咲いた。市場占有率(金額ベース)は28.5%だった。世界的なカネ余りに新型コロナウイルス禍に伴う再編ニーズが重なり、海外企業が絡む案件で強さを発揮した。リーマン危機後の退潮を経て、米系の投資銀行が増勢を取り戻す構図が鮮明になっている。調査会社リフィニティブが21年末時点のデー
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUB044H70U2A100C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。