日本農業はピンチをチャンスに変えられるか?肥料高騰で試されるJAの改革姿勢 | Diamond Premium News | ダイヤモンド・オンライン

日本の農業は「四重苦」に陥っている。海外に依存してきた肥料や燃料といった食料安全保障に欠かせない戦略物資の価格が高騰しているのだ。だが、肥料などの調達・流通で高いシェアを握るJA全農の一手次第では、ピンチをチャンスに変える可能性を秘めている。
— 読み進める diamond.jp/articles/-/292920

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。