新型コロナ: 物価混乱、世界にリスク 米はモノ・人手不足で急騰: 日本経済新聞

新型コロナウイルス禍からの回復過程での物価の急変動が世界経済を揺らしている。米国は人手不足や供給制約などから歴史的な高インフレが長引く。景気が減速する中国は2021年の物価上昇率が12年ぶりの低水準だった。脱炭素に向けた化石燃料への投資減速などで資源高も続き、物価混乱のひずみは世界経済のリスクになっている。米労働省が12日発表した2021年12月の
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOGN11C2V0R10C22A1000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。