原油価格、22年は100ドル到達も 需要が供給上回る=アナリスト | ロイター

複数のアナリストは、2021年に50%高騰した原油価格が生産能力不足や限定的な投資を背景にさらに勢いを増し、今年は1バレル=100ドルを超える可能性があると予測する。
— 読み進める jp.reuters.com/article/global-oil-prices-idJPKBN2JM1O3

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。