内閣府の野心的「ムーンショット型研究」は高齢化社会を救えるか?:日経ビジネス電子版

「あり得ない」を現実にする野心的な目標として、内閣府の主導のもと、日本の科学界が「ムーンショット型研究開発」を進めている。従来技術の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発だ。中でも医学に関する研究目標が現実化すれば、不安視されている日本の高齢化社会を大きく変える救いの手になるかもしれない。
— 読み進める business.nikkei.com/atcl/plus/00006/010600024/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。