ハイテク工場で昆虫からタンパク質を生産…環境に優しい飼料として | Business Insider Japan

このハイテク工場は、アブの幼虫から年間1万5000トンのタンパク質を生産し、主に環境に優しい大豆の代替品として動物の餌として出荷されています。
— 読み進める www.businessinsider.jp/post-249047

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。