オシント新時代~荒れる情報の海:「日本のインテリジェンスは米の周回遅れ」 兼原信克氏 | 毎日新聞

インターネットが普及し、インテリジェンス(情報収集・分析)の世界にも変化の波が押し寄せている。国際社会における日本の現状について、外務省出身で国家安全保障局次長などを歴任した兼原信克・同志社大特別客員教授(62)に聞いた。【加藤明子】
— 読み進める mainichi.jp/articles/20220112/k00/00m/010/123000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。