アオスジアゲハ多く確認 横浜の児童が調査、他種は減少か

横浜市立小学校の児童を“調査員”とする市環境科学研究所(同市神奈川区)の生き物調査で、南方系のチョウであるアオスジアゲハが市内の臨海都市部で多く確認されていることが分かった。一方、残る調査対象の生き …
— 読み進める www.47news.jp/localnews/7279722.html

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。