「『体験教育』で子どもの好奇心取り戻せ」 きのくに学園長:日経ビジネス電子版

AI(人工知能)やデジタル技術の進展で社会が変容するなか、型破りな思考力や創造性を発揮する人材をどう育てるかは大きな課題だ。従来の詰め込み型や同質的な学習カリキュラムではなく、常識にとらわれない柔軟な教育が求められている。学校法人「きのくに子どもの村学園」では、教科書ではなく体験型学習に軸足を置き、子どもたちの自己決定と個性にどこまでも寄り添う。学園長の堀真一郎氏に日本が目指すべき教育を聞いた。
— 読み進める business.nikkei.com/atcl/gen/19/00371/011100033/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。