Z世代の消費スタイルに注目: 日本経済新聞

2022年がはじまるにあたり、日本企業は、日本人は、これからどういう変化に注目すべきなのだろうか。まずは21年の日経MJヒット商品番付をもとに、昨年を振り返ってみたい。新型コロナウイルスの影響が直撃していた20年のヒット商品番付に比べると、21年のヒット商品番付は横綱に「大谷翔平」、大関に「東京五輪・パラリンピック」、関脇に「シン・エヴァンゲリオン劇場版」や「イカゲーム」など、スポーツやエンタ
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC21BWF0R21C21A2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。