[FT]経済予測惑わす「バイフレ」 需給要因で価格に歪み: 日本経済新聞

長らく予想されていたように、低金利の時代は終わりつつあるようだ。昨年12月にはイングランド銀行(英中央銀行)が利上げし、米連邦準備理事会(FRB)は資産購入計画のより速やかな段階的縮小と向こう1年間で最大3回利上げすることを示唆している。こうした動きはすべて、「一時的」とされてきたインフレがより持続的なものとなり、価格上昇がコモディティー(市況商品)や耐久財から、賃金やサービスといった分野にま
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOCB1015A0Q2A110C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。