FRB議長、物価高抑制へ積極利上げも 年内に保有資産の縮小開始 | 毎日新聞

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は11日、物価高の抑制に必要となれば積極的な利上げに踏み切る考えを表明した。裾野の広い労働市場の改善を促すには物価の安定が不可欠だとした上で「高インフレは最大雇用の達成に向けた深刻な脅威だ」と強調した。
— 読み進める mainichi.jp/articles/20220112/k00/00m/020/178000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。