CNN.co.jp : 米国の民主主義を救うために何が必要か

米連邦議会議事堂襲撃事件が起きた1月6日に合わせて米国の民主主義の将来を考えるうえで、有益なのは世界の国々を見渡してみることだ。学者たちが「民主主義の後退」と名付けた状況がそこにある。ハンガリーからポーランド、トルコ、インドに至るまで、各国における民主主義の規範、価値観、制度が圧力を受けている。
— 読み進める www.cnn.co.jp/usa/35181961.html

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。