22年世界成長4.1%に鈍化、世銀予測 物価高に警鐘: 日本経済新聞

【ワシントン=共同】世界銀行は11日発表した最新の世界経済見通しで、2022年の世界全体の実質成長率を4.1%と予測した。昨年6月の前回予測からは0.2ポイントの下方修正。新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の感染拡大や物価高などを脅威に挙げて「世界経済は21年の力強い回復から、著しく鈍化し始めている」と警鐘を鳴らした。日本はコロナワクチンの2回目接種が進んで経済活動が盛んになると
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUA116T00R10C22A1000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。