首都圏で再び大雪は降る? 局地低気圧で予想外の積雪も: 日本経済新聞

■天気のなぞ このところ、日本付近を低気圧がよく通る。年明け早々の1月6日には南岸低気圧の影響で東京や千葉、神奈川などで予想外の大雪となった。11日も北日本と南岸を低気圧が通過したが、関東の平野部は雨だった。これから14日にかけては強い冬型の気圧配置となり、太平洋側は乾燥する。どんな条件のときに、太平洋側の平地で雪が降りやすいのか。再び首都圏の大雪はあるのだろうか。西高東低の冬型の気圧配置のとき
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQODK091PP0Z00C22A1000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。