緩和縮小、米株下落が続く理由: 日本経済新聞

昨年11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和(QE)の縮小を開始した米連邦準備理事会(FRB)は12月には縮小ペースを加速し早期のQE終結を決めた。今月5日に公開された12月開催のFOMC議事要旨では、12月に量的引き締め(QT)の時期が議論されていたことが明らかになり、米国の主要株価指数が下振れした。FRBが緩和縮小と引き締めを計画していることは以前から十分想定されていた。株価が今
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUB067W10W2A100C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。