経常黒字48.2%減 11月、原油高で貿易収支赤字に: 日本経済新聞

財務省が12日発表した2021年11月の国際収支統計(速報)によると、海外のモノやサービスなどの取引状況を表す経常収支の黒字は8973億円となり、前年同月と比べて48.2%減った。原油高を受けて輸出から輸入を差し引いた貿易収支が赤字に転じた。経常収支は貿易収支、外国との投資のやりとりを示す第1次所得収支、輸送や旅行といった取引の収支を示すサービス収支などで構成する。貿易収支は4313億円の赤
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUA120KU0S2A110C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。