物価、エネルギー上昇反映してプラス幅を緩やかに拡大=日銀総裁 | ロイター

日銀の黒田東彦総裁は12日に開いた支店長会議で挨拶し、国内の消費者物価指数(除く生鮮食品、コアCPI)について、エネルギー価格の上昇を反映してプラス幅を緩やかに拡大していくと述べた。景気については、新型コロナウイルス感染症の影響から引き続き厳しい状態にあるものの、基調としては持ち直していると指摘。当面はコロナの影響を注視し、必要であれば躊躇なく追加緩和すると改めて強調した。
— 読み進める jp.reuters.com/article/boj-kuroda-idJPKBN2JM03E

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。