焦点:日銀、物価の中心見通しの説明修正も 金融政策は現状維持の公算 | ロイター

日銀が17―18日の金融政策決定会合でまとめる「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)では、物価の中心的見通しに関する文言が若干強めに修正される可能性が高い。企業の値上げが広がり、予想インフレ率が高まっていることを反映する。ただ賃上げが進まなければ価格転嫁が広がらないリスクもあり、日銀内では物価上昇率が目標の2%を持続的に上回る展開は見込みづらいとの声が強い。金融政策は現状維持の公算が大きい。
— 読み進める jp.reuters.com/article/boj-policy-idJPKBN2JM06F

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。