東芝、福岡県でバイオマス発電所の運転開始: 日本経済新聞

東芝子会社の東芝エネルギーシステムズは12日、福岡県大牟田市で建設を進めていたバイオマス発電所2カ所の運転を始めたと発表した。発電出力は合計4万4200キロワットで、一般家庭約7万世帯分に相当する。東芝は再生可能エネルギー分野を強化しており、蓄電池や制御技術を組み合わせた発電所運営のノウハウ蓄積にもつなげる。グループ会社のシグマパワー有明(東京・港)が「大牟田第
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC129F40S2A110C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。