日経17種が最高値 円安で軽油や金地金の輸入コスト上昇: 日本経済新聞

鋼材や非鉄金属、燃料など主要商品の卸値を基に算出する日経商品指数17種(1970年平均=100)の上昇が加速している。原油を中心とした資源高に為替相場の急激な円安・ドル高進行が重なって輸入コストが上がり、最高値を更新した。仕入れ高が国内の経済活動に重くのしかかる。17種は12日に205.777を付け、最高値を更新した。2021年10、11月に204台に上昇したが、12月中旬には原油の国際価格の
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC068G00W2A100C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。