新型コロナ: 米消費者物価7.0%上昇 12月、39年ぶり高水準: 日本経済新聞

【ワシントン=鳳山太成】米労働省が12日発表した2021年12月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比の上昇率が7.0%と約39年ぶりに7%台に達した。厚待遇の仕事を待つ労働者が多く、人手が集まらずに賃金上昇圧力が強まる。新型コロナウイルスのオミクロン型の感染拡大で供給制約に拍車がかかる可能性がある。12月の物価上昇率は約39年ぶりの高水準だった11月の6.8%からさらに加速し、1982年6月
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOGN12BIF0S2A110C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。