バイオ燃料生産向け林業を研究 東京農工大など: 日本経済新聞

東京農工大学の吉田誠教授らはバイオ燃料などに使う木材を従来より早く生産できる林業の実現を目指し、実証研究を始めた。金融・コンサルティング企業のジャパンインベストメントアドバイザーと連携する。カーボンニュートラル(温暖化ガスの排出実質ゼロ)に向けた取り組みで、同大の演習林を使って品種の選定や育成などを進め5年後の事業化を目指す。栃木県佐野市にある演習林を使い、脱炭素社会で需要が高まるバイオ燃料に
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC22CDU0S1A221C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。