「幸せの軸、モノから心に」 慶大教授・前野隆司氏: 日本経済新聞

心身の健康や幸福などを意味する「ウェルビーイング」が産業界で注目を集め、経営方針に掲げる企業が日本で増加している。なぜいまウェルビーイングの重要性が増しているのか。幸福学研究の第一人者である慶応義塾大学の前野隆司教授に背景などを聞いた。――ウェルビーイングなど、幸福への関心が高まっています。「ウェルビーイングは健康や幸せ、福祉などを含む広い概念だ。最近では満ち足りた状態と訳されることも多い。
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUF089590Y1A201C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。