「公平な分配、数学で導く」国立情報学研助教・五十嵐氏: 日本経済新聞

限られた資源をうまく分配しなければ、妬みや不満が膨らむ。問題を解くためのアルゴリズム(算法)は不公平感を解消し、適切な分配を導けるのか。数学の理論で公平性について研究する国立情報学研究所の五十嵐歩美助教に課題や実情を聞いた。――格差の拡大が社会の分断を生む時代において、公平な分配に関する研究はどんな意味を持つのでしょうか。「人類は長い歴史の間、資源の公平な分配を重要な問題として考えてきた。経
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUE0622K0W2A100C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。