IoTで「通い農業」 福島の原発事故避難先からハウス管理 | 毎日新聞

農研機構東北農業研究センター(福島市荒井)が「通い農業支援システム」を開発し、普及を進めている。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴い避難先から耕作地に通いながら農業を続ける農家が増え、今後も避難指示が順次解除される特定復興再生拠点区域(復興拠点)で対象者が増えることを想定。あらゆる機器を通
— 読み進める mainichi.jp/articles/20220111/k00/00m/020/050000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。