筑波大学と神戸大学、世界で初めて1万個以上の原子を含むナノ物質の超高速光応答シミュレーションを「富岳」とOSSで実現 | TechCrunch Japan

筑波大学と神戸大学は、スーパーコンピューター「富岳」とオープンソースソフトウェア(OSS)「SALMON」(サーモン)を用い、1万3632個の原子を含むナノ物質の光応答、つまり光と物質の相互作用の第1原理計算に成功したと発表した。1万個を超える原子を含む物質では、世界で初めてとなる。
— 読み進める jp.techcrunch.com/2022/01/11/simulation-of-light-matter-interaction/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。