日本はいつまで「安くて良いもの」で勝負するのか?アメリカに渡り、パタゴニアとGapで活躍した日本人は問いかける | ハフポスト

アメリカでサステナビリティを追求するビジネスを実践してきた大原徹也さんは、日本の「安くて良いもの」なビジネスモデルに危機感を募らせる。突破口となるものとは?
— 読み進める www.huffingtonpost.jp/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。