日本の問題をはき違えている「財務省」の大きな罪 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

日本の財政赤字は「氷山に向かうタイタニック号」のようなものだという矢野康治財務事務次官の発言で唯一新鮮だったのは、選挙で選ばれた政府の政策を、水面下での会話ではなく、影響力のある『文藝春秋』誌上で厳…
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/500817

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。