実は環境に“悪い”農業を改善した先の将来像、鍵はオープンイノベーションだ | 農業 大予測 | ダイヤモンド・オンライン

地球温暖化や自然災害の増加、生産者の高齢化、地域コミュニティーの衰退、新型コロナウイルスの感染拡大など、日本の食料・農林水産業は多くの課題を抱えている。だが、農業はそうした問題の被害者であるばかりではない。地球に環境負荷を与える加害者の側面もあるのだ。本稿では持続可能な農業の将来像を示すとともに、多くの問題を解決する鍵となり得る農業界の「オープンイノベーション」や「協業」の可能性について私の考えを述べる。
— 読み進める diamond.jp/articles/-/291697

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。