大王製紙、家庭紙15%以上値上げ 原燃料高で丸富製紙も: 日本経済新聞

大王製紙はトイレットペーパーなど家庭紙について3月22日出荷分から現行価格を15%以上引き上げる。エネルギー代や包装フィルムの高騰のほか、物流コストの上昇や二酸化炭素(CO2)削減など環境対策費用の負担が増えているため。値上げの表明は約3年ぶりで上げ幅は過去最大だという。業界では家庭紙の値上げ表明が相次いでいる。大王製紙は「エリエール」ブランドを展開する家庭紙最大手。今回の値上げは、ティッシュ
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC113840R10C22A1000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。