大学入試、感染対策急ぐ VRで下見・濃厚接触は別建物: 日本経済新聞

新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染が国内で広がるなか、大学入試の本番が近づいてきた。試験会場での感染を防ごうと各大学は厳戒態勢をとる。濃厚接触者の試験場を通常とは別の建物に設けたり、会場の下見にVR(仮想現実)を利用してもらったりするなど、対応を急いでいる。大学の一般選抜(一般入試)は、1月15、16日の大学入学共通テストで始まり、2月ごろから私立大の個別学力試験、国公立大の2次
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUE181RN0Y1A211C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。