人工知能が自動音声に「喜怒哀楽」を表現 CoeFont: 日本経済新聞

人工知能(AI)を用いた音声合成を手掛けるCoeFont(コエフォント、東京・港)は音声に感情を表現する機能の提供を開始した。利用者が原稿を読み上げて声を収録すると、AIが音声を合成し任意の文章を自動で読み上げることが可能になる。抑揚などで感情を表現することで、企業が出版物の読み上げやゲーム音声などで活用できると見込む。AIが音声を合成し、文章を自動で読み上げるサービスは2021年に開始した。
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC06AR90W2A100C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。