セブン ・ファミマ ・ローソン経営戦略を徹底比較、「最強コンビニ」はどこか? 【連載】成功企業の「ビジネス針路」|ビジネス+IT

新規出店を増やす戦略だけでは成長に陰りが見え始めていたコンビニ。足元では新型コロナウイルス感染拡大による生活スタイルの変化などの影響もあり苦戦を強いられている。こうした状況を脱するため、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの大手3社は「既存事業の収益向上」や、スマホアプリなどによる「顧客関係性の強化」、「デリバリーの強化」など既存事業を磨きつつ、新たに「次世代店舗フォーマットの開発」「新規事業の取り組み」などを進めている。それぞれ違ったアプローチで取り組む大手3社だが、成果を上げコンビニ市場の首位に立つ企業はどこか。
— 読み進める www.sbbit.jp/article/cont1/76382

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。