「鎖国したいのか」、三木谷・楽天G社長が首相の水際対策を批判 – Bloomberg

楽天グループの三木谷浩史社長は11日、岸田文雄首相が外国人の新規入国を原則禁止する水際対策を2月末まで維持すると表明したことについて「今更、新規外国人を入れないことになんの意味があるのか?判断があまりに非論理的すぎる。日本を鎖国したいのか?」とツイッターで批判した。
— 読み進める www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-01-11/R5J36VT1UM0W01

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。