EVトラック、利便性競う 日野・いすゞが投入: 日本経済新聞

日野自動車といすゞ自動車は2022年に電気自動車(EV)のトラックを発売する。すでに投入している三菱ふそうトラック・バスを含めて国内大手3社のEVトラックが出そろう。まずは宅配など比較的決まったルートを走るラストワンマイルの市場が主戦場となりそうだ。各社がEVトラックの使いやすさを訴求するが、現在主流のディーゼル車に比べてはるかに高い価格は課題だ。普及に向けてコスト削減が不可欠となる。「(物流
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC132HJ0T11C21A2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。