深刻化する都市のヒートアイランド現象への対策は、副作用とのトレードオフとなる | WIRED.jp

都市部は周辺地域に比べて約10℃も気温が高くなることがあるが、緑地や、日光を反射する素材を使った舗装によって、都市生活をより凌ぎやすいものにすることは可能だ。だが意図しない副作用もある。クール素材を建物や舗装に使うことで海風を弱めたり、歩行者を熱したりする他、地域の緑化がグリーン・ジェントリフィケーションを引き起こすこともある。都市熱に関する科学的研究はまだ始まったばかりだ。
— 読み進める wired.jp/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。