新市場開拓、顧客つかむ 21年に時価総額増えた企業: 日本経済新聞

日本経済新聞社は売上高100億円以下の上場企業「NEXT1000」を対象に、2021年の平均時価総額の前年比増加額でランキングした。上位には設備のレンタルやデジタル技術を駆使して新市場を開拓し、顧客をつかんだ企業が目立った。2位は携帯会社向け通信設備シェアリングを手掛けるJTOWER。高速通信規格「5G」を巡る期待も時価総額を押し上げた。「通信設
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC244IP0U1A221C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。