大隈重信没後百年「早稲田の源流」は長崎にあった | 読書 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

大隈重信(1838~1922年)は明治・大正期の政治家である。日本初の政党内閣(隈板内閣)を組織した政治家で、早稲田大学を創設した教育者でもあった。大隈の中央での登場は、明治元年(1868年)4月、英国公使・パ…
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/499275

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。