大野耐一が作り上げたトヨタ生産方式には、2人の先人の叡智が生かされていた【前編】 | 経営トップの仕事 | ダイヤモンド・オンライン

時代や環境変化の荒波を乗り越え、永続する強い会社を築くためには、どうすればいいのか? 会社を良くするのも、ダメにするのも、それは経営トップのあり方にかかっている――。
前著『戦略参謀の仕事』で経営トップへの登竜門として参謀役になることを説いた事業再生請負人が、初めて経営トップに向けて書いた骨太の経営論『経営トップの仕事 戦略参謀の改革現場から50のアドバイス』(稲田将人著)がダイヤモンド社から発売。特別編としてお届けする対談形式の第3回。対談のゲストは、元豊田自動織機代表取締役社長・会長の磯谷智生氏。磯谷氏が二十数年にわたり薫陶を受けた大野耐一。大野耐一が生み出したトヨタ生産方式だが、それには豊田佐吉と喜一郎が大きくかかわっていたという。好評連載のバックナンバーはこちらからどうぞ(構成/高野倉俊勝)。
— 読み進める diamond.jp/articles/-/292255

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。