何百年も前の「異端審問」が学歴レベルや人間関係の「信頼できなさ」の原因となっている – GIGAZINE

ローマ帝国から十字軍、そして現代のロヒンギャなど、宗教的迫害は古今東西を通じて国家の支配を盤石にするための手法として用いられます。新たな研究では、スペインの異端審問が特に苛烈だった地域では、経済活動や市民同士の信頼、学歴などのレベルが現代でも著しく低いということが示されています。
— 読み進める gigazine.net/news/20220110-spanish-inquisition-still-linger/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。