中国恒大、深圳の本部を移転: 日本経済新聞

【深圳=比奈田悠佑】経営再建中の中国恒大集団は10日夜、広東省深圳市にあった経営を担う本部を移転したと発表した。移転によってオフィス家賃の負担を軽減する狙いがある。恒大は1996年に広州で創業し、事業拡大に伴って2017年に本部を深圳に移した経緯がある。恒大傘下の恒大地産集団によると従来本部を置いていたビルは21年12月に退居手続きをし、深圳市内の自社所有の物件に移ったという。10日、深圳の
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOGM101TG0Q2A110C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。