「怒っていい社会にいる」という心地よさ。気候変動アクティビストが感じた日本と世界の温度差 | ハフポスト

日本の気候運動は今後どうあるべきか。「おかしい」現実に対して「おかしい」と声をあげる人たちが抑圧されず、守られる社会に一歩ずつ近づけていきたい。
— 読み進める www.huffingtonpost.jp/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。