朝5時半に始業、「時間指定」のプレッシャー、圧倒的孤独…ラストワンマイルを支える配達員のリアル(竹内 謙礼) | マネー現代 | 講談社(1/4)

ネット通販で買った商品が、1~2日後に届くことは、すでに当たり前の世の中になっている。ネットでの買い物は蛇口をひねれば水が出てくるのと同じで、すでにインフラに近い存在になりつつある。しかし、その利便性の高さから、商品を届けてくれる“ラストワンマイル”の配達員たちが「人」であることを忘れてしまうことがある。商品を玄関に置いてくれる“置き配”が増えたことで、配達員と顔を合わせる機会も少なくなった。感染対策で印鑑やサインも省略されて、顔もマスクで覆われている。配達員の印象はほとんど記憶に残っていない。ラストワンマイルで働く人たちは、どのような職場環境で働いているのか。自宅や職場に商品を届けてくれる配達員の現場を取材してみた。
— 読み進める gendai.ismedia.jp/articles/-/91156

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。