一体誰が買っているの!? 首都圏の新築マンション価格が高すぎる! | マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい! | ダイヤモンド・オンライン

五輪・パラリンピック選手村として活用された『晴海フラッグ』の分譲マンションが、高倍率で完売し話題となりました。首都圏では新築マンションが極めてよく売れ、価格も高騰する中、今は買い時なのか? また、給与所得者の平均給与が433万円と依然低水準の中、手が届かない一般層はどこに住めばいいのか? そこで編集部では、『マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい!』(ダイヤモンド社)の著者でマンショントレンド評論家の日下部理絵さんと、近著『ここまで変わる!家の買い方街の選び方』(祥伝社新書)が話題の不動産プロデュース業を展開する牧野知弘さんのお2人に、賢いマイホーム選びをテーマに対談していただきました(対談実施日:2021年12月3日)。全6回にわたってお届けします。バックナンバーはこちらからどうぞ(構成/北野啓太郎)。
— 読み進める diamond.jp/articles/-/292199

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。