バナナ栽培に地中熱導入 暖房費削減、収量増へ 福島・広野町振興公社

福島県の広野町振興公社は産業技術総合研究所再生可能エネルギー研究センター(郡山市)などと連携し、町特産のバナナ栽培に地中熱を活用する取り組みを始めた。ハウスの暖房費の削減を図りつつ、収穫量の増加につ …
— 読み進める www.47news.jp/localnews/7267622.html

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。