【青木耕平】コンテンツの未来は「レーベル化」にある

国内でもD2Cブランドが乱立する中、異彩を放つブランドがある。クラシコムが運営する「北欧、暮らしの道具店」は、独自の世界観で統一されたコンテンツを軸に集客し、物販で稼ぐユニークなモデルを確立した…
— 読み進める newspicks.com/news/6543224/body

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。