新型コロナ: 英で感染緩和の兆し ピーク比2割減、医療崩壊は警戒: 日本経済新聞

【ロンドン=佐竹実】新型コロナウイルスの新変異型「オミクロン型」が流行する英国で、感染が落ち着く兆しが出てきた。7日時点の新規感染者は約17万8千人と、ピークを2割下回った。ただ、医療現場では病欠による人手不足が続き、政府は軍を動員して医療体制の崩壊を防ぐ。英政府によると7日の新規感染者は4日の約22万人から2割少ない。7日移動平均でも峠を越えたとみられる。人口の大半を占めるイングランドでは2
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOGR07DQT0X00C22A1000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。