AppleでMacのM1チップ移行を主導したエンジニアリングディレクター「ジェフ・ウィルコックス」がIntelへ移籍 – GIGAZINE

AppleはMacで長らくIntel製チップを採用してきましたが、iPhoneのように独自開発のSoCに移行する計画を2020年6月に開催されたWWDC 2020で発表。その後、Apple初のMac向け独自シリコンとなる「M1」チップが発表され、同チップは海外メディアから「コンピューティング革命」「信じられない偉業」などと絶賛されました。そんなM1チップの開発を主導したジェフ・ウィルコックス氏が、Intelに引き抜かれAppleを離れたことが明らかになっています。
— 読み進める gigazine.net/news/20220107-apple-m1-engineering-director-intel/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。