高木琢也さん「礼儀作法を教わった」 小嶺忠敏さん死去 | 毎日新聞

全国高校サッカー選手権で長崎・国見を戦後最多タイとなる6度の優勝に導いた小嶺忠敏さんが7日、76歳で亡くなった。教え子で小嶺さんが設立に携わった現J2長崎の監督も務めた元日本代表FWの高木琢也・現J3相模原監督(54)は「サッカー以上にあいさつや礼儀作法を教わったかもしれない」と振り返った。
— 読み進める mainichi.jp/articles/20220107/k00/00m/050/138000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。